レビトラの注意事項

Levitra レビトラは2004年に日本厚生労働省に承認され、バイアグラの次に販売されたED治療薬です。体に吸収されるのが物凄く速く、その即効性は他のED治療薬より、遥か上回る、ただし、レビトラの服用も副作用が伴う可能性があります。実際に使用する時はいくつの注意事項があります。これからレビトラの注意事項について紹介します。

レビトラには、5mg、10mg、20mgの3種類があります。20mgの効果が一番強いです。レビトラ20mg錠は65歳以上の方には適応がございません。できるだけを5mg購入するか、10mgの錠剤を半分に割って服用してください。

レビトラは食事やの影響を受けにくいと言われますが。より効果を得るには空腹で服用をお勧めいたします。また服用前は油分の多い食事は避けるようにしてください。

食事をする場合はまずレビトラを服用して体内に吸収させた後に食事を摂 取するようにしてください。食後に服用する場合は2時間くらいあけてから服用するようにしてくだ さい。

少量のアルコールはリラックス効果により性欲増進作用がありますが、アルコールはEDを引き起こす可能性がありますのでご注意ください。

レビトラの使用には特に年齢の制限はありませんが、加齢性によるED患者は薬の代謝が遅くなるため、レビトラ10mgからご利用することを勧めます。また高齢者の方は腎臓病や肝臓病、心臓など様々な病気がありますから、レビトラを使用する前、医者と相談したほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です