正規品レビトラ通販|ED治療薬Levitra改善効果一番

Levitra レビトラは2004年に日本厚生労働省に承認されたから、現在たくさんの方に利用されています。レビトラはバデナフィルという有効成分が含まれております。レビトラは男性機能の勃起不全や、勃起を持続できないか方の治療を目的としたED治療薬です。空腹時にLevitra レビトラを服用すれば最低5時間~6時間の効果が見られます。

レビトラの成分

レビトラの成分は大手の製薬会社であるバイエル薬品に開発されました。レビトラに使用されている化学合成物質バルデナフィルは、バイアグラに次いで開発されたものでありその弱点を克服したものでもあります。特にバイアグラは飲食に影響されやすいため使いづらいという声も多くありましたが、レビトラは食事や飲酒の影響を受けにくいタイプのED治療薬として誕生しました。
勃起不全改善薬レビトラは塩酸バルデナフィルという物質を主成分としているED治療薬です。バルデナフィルは陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくすることで、十分な勃起に促進できる成分です。
バイアグラと同じような作用を持っているこのレビトラですが、内容にはいくつか違いが見られます。服用から効果が表れるまでの時間が短い、空腹時でも食事摂 取後でも効果が表れる時間にほとんど違いが見られない、持続時間が長いなどのメリットが特に大きなポイントとなっています。

レビトラの効果

レビトラは、バイアグラの不満点を解消するためで製造されましたが、効果としてはバイアグラ同様です。それでは、レビトラの効果について詳しくご紹介します。
レビトラの勃起力は、三大ED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス)の中でも一番優れているとも言われています。ED治療薬レビトラの効果は、20mgで8時間、10mgで5時間と言われています。それでも、体質はそれぞれ違いますから、これはあくまでも平均的な数字です。レビトラの効果が予想通りに届かない場合もあります。だから、気軽に余計な事は考えずに使用したら、結果が出りやすくかもしれません。
他のED治療薬とくらべますとかなりタブレットが小さくなっていて服用するのにとても簡単です。あまりこのことに気が付かない人が多いと思いますが、これもドイツ人らしい工夫の一つです。
レビトラのきわだってところは間違いなく即効性です。 レビトラを服用すると、口の中に入れたばかり、すぐに唾液で薬が解け始めます。ですので、体に吸収されるのが物凄く速いのです。
ED治療薬レビトラはバイアグラより食事の影響を受けにくいも良い点として言われています。 体内吸収が速いので、服用してから30分もかからずにすでに効いています。
最後、忘れてはならないのが、レビトラは服用すれば自然に勃起するものではなく、性的刺激が必要です。性的刺激を受けないと勃起させる効果はないということです。

レビトラの服用方法

レビトラはバルデナフィルという物質で作られている医薬品です。そのため、服用の際は正しい服用方法を守る必要があります。レビトラの服用方法を簡単にご説明します。
・レビトラの服用量
勃起不全改善薬レビトラの服用量は通常、成人ならば1日1回10mgを服用します。また、レビトラを10mg服用しても充分な効果が得られない場合は20mgを服用してみてください。 ただし、高齢者(65歳以上)、肝障害のある患者及び重度の腎障害が持つ者は5mgを開始用量とし、最高用量は10mgとすることになります。媚薬
・レビトラの服用頻度・回数
勃起不全改善薬レビトラの服用は1日1回とし、服用間隔は24時間以上あける必要があります。 毎日服用することも可能であるが、できれば2~3日に1錠以上を服用しないでください。 また、飲む飲まない、あるいは使用頻度については、その人のライフスタイルや価値観によって決まます。
・レビトラの服用タイミング
レビトラの効果を最大限に発揮するためには、服用タイミングをきちんと把握して服用してください!性行為の20-30分前の服薬がお勧めです。これに加え、食事の影響を受けにくい薬剤ですけれども、全然受けないでもないです。だから、ED治療薬レビトラはできるだけ空腹時に飲んでください。空腹時に服用することで、お薬の利き始めを早め、効果を最大限に発揮することができます。

レビトラの副作用について

「レビトラを服用した後、副作用がありますか」という質問を抱える方が多いです。実はどんな薬でも副作用が少なくともあります。レビトラなどのED治療薬バイアグラ・シアリス同様に血管拡張作用がありますので、血管が拡張することによって症状が出やすい部位に副作用が起きます。
レビトラの副作用は個人によって違います。代表的な副作用としましては、顔の火照りがあります。顔の皮膚は、紅潮しやすい部位で何か恥ずかしい事など起きますとすぐに赤くなってきます。
次に多く出てくる副作用に、鼻づまりがあります。鼻の中の血管が拡張しますと、どうしても狭い鼻の穴の中では血管により穴がふさがれて鼻づまりが起こってしまいます。風邪を引いて鼻に炎症が起き鼻づまりがするのと全く同じ現象です。
レビトラの臨床試験によると、約0.04%の方レビトラを利用した後、目の充血、高潮、動悸、鼻づまり、頭痛、下痢などの症状が出るケースがあります。体の中が暖かくなるなどの副作用もあります。
でも、レビトラの副作用の症状は一時的、かつ軽いです。レビトラを利用した後、副作用が出るのは、正しい服用方法を従わないかもしれません。レビトラを多量に服用すぎると、身体が堪えられなく、副作用の反応が出てきます。レビトラを一度服用した後、24時間に経ってない場合、再度服用して副作用も出やすいです。
そのもう1つ原因は患者さんの体質に関わるです。体質が弱い方はレビトラを服用すると副作用が出るリスクがあります。また糖尿病、心臓病、高血圧などのかた、あるいは持病中の方は医師に相談しないまま、レビトラを服用すると、健康に悪い影響をもたらす場合もあります。